家にスマホを置いたまま単体で使えるスマートウォッチ4選!通話も可

遠内
遠内

ランニングするときとか、スマホも持っていくの面倒だなぁ。

家にスマホを置きっぱなしでも使えるスマートウォッチとかあるのかな?

虚戸
虚戸

ええ、もちろんありますとも。

感覚としては「高機能な時計」ではなく「腕に着けるスマホ」。

めちゃめちゃ便利ですよ!

最近勢いのあるガジェット、スマートウォッチ。

その人気はとどまるところを知りません。

ですがスマートウォッチを利用する上でのお悩みの一つとして「スマホと通信する必要がある」ところ。

メールやSNSの通知を受け取ったり、活動記録を計測するには、常にスマートフォンと通信しなければならないスマートウォッチがほとんどです。

そう、「ほとんど」なだけで、スマホと通信せずに使えるスマートウォッチもあるにはあるんです。

今回はそんな、単体で通信が可能なスマートウォッチをご紹介していきます!

最初に2点、スマートウォッチ単体で通信する仕組みと、単体で通信するメリットを軽く説明します。

スマートウォッチが単体で通信できる仕組み。SIMカードが必要!

単体で通信できるスマートウォッチはどうやって通信するのでしょうか?

その仕組みとしては、スマートフォンと同じ

スマホはSIMカードを本体に入れることで、ドコモやau、ソフトバンクといった会社の携帯電話用回線で通信できるようになります。

スマートウォッチでも、SIMカードが入れられるようになっている製品があり、対応したSIMカードを入れることでスマートウォッチ単体で通信ができるようになるんですね。

これからご紹介していくスマートウォッチについては、スマートウォッチごとに対応した回線もお伝えします。

特におすすめのSIMカードは、楽天モバイル b-mobile

楽天モバイルは、1回線目なら1GBまで通信量が無料という太っ腹っぷり。

とりあえず契約しておくだけでも損はしません↓↓



対してb-mobileはドコモ回線が使える格安SIMで、最安で200円程度からデータ通信SIMが手に入ります。

お住まいの地域が楽天回線エリア外なら、b-mobile一択ですね↓↓

ちなみに今回ご紹介するスマートウォッチに対応したSIMのサイズはNano SIMです。

回線の契約時にはお間違いなく。


家にスマホを置いたままスマートウォッチ単体で通信するメリット

スマートウォッチ単体で通信できると何ができるのか?

リストにしてみるとこんな感じ。

  • メールやSNSの通知受信
  • 電話ができる(カメラ付きなのでビデオ通話も可能)
  • テザリングができる(ものもある)
  • スマートフォン用のアプリがインストールできる(PayPay等で支払いもOK)

ネットサーフィンやゲームをするのは難しいですが、ちょっとした用途ならほとんどスマホのように使うことができますね。

特に嬉しいのが、スマートフォン用のアプリがインストールできること。

スマートウォッチの見た目をしていますが中身は実質スマートフォンなので、スマートウォッチ用のアプリではなく、普段スマホで使っているアプリをそのままインストールすることができます。

今回ご紹介するスマートウォッチはすべてカメラがついているので、ビデオ通話や写真撮影も可能。

それでは早速、単体で通信できるスマートウォッチを紹介していきます!

ちなみに一番有名なスマートウォッチの「Apple Watch」は、単体で通信できるモデルもありますが、

  • 格安SIMが使えない(au、ドコモ、ソフトバンクしか対応しておらず高い)
  • 別途Appleとも契約が必要
  • iPhoneとペアリングが必要(Androidだとつかえない)

というデメリットの多さから今回は除外しています。

画面が広くて使いやすい!「4G スマートウォッチ DM20

一本目にご紹介するのは、四角い画面が特徴的なスマートウォッチです。

メモリが1GBのモデル3GBのモデルがありますが、絶対に3GBの方がおすすめ。

いわばスマートウォッチの見た目をしたスマートフォンなので、アプリたくさんインストールして快適に使いたいなら3GB一択です。

GPSも搭載しているので、ナビとしても大活躍!

スマートウォッチ本体と連携したフィットネスアプリで、ランニングや水泳といったアクティビティもしっかり記録することもできます。

対応している回線はドコモ回線の格安SIMと、楽天モバイル。お好きな方をどうぞ!

カラーもホワイトとブラックの2色が展開されています。

2つのカメラと50個のスポーツモード搭載「LEMFO / LEM10

お次も四角い画面のスマートウォッチ、LEMFOの「LEM10」です。

このスマートウォッチはなんと、画面上とボディーの横の2箇所にカメラが搭載されています。

ロマンがありますよね!

もちろんGPSも搭載。

またもう一つの特徴として、50種類もあるスポーツの計測モード

「スマートウォッチ一本だけ着けて運動に行きたい!」なんて使い方にはピッタリですよ。

ベルトも汎用的な22mmサイズなので、他の様々なメーカーのバンドに変えてその日の気分に合わせて楽しむのも良いですね!

こちらも対応している回線はドコモ回線の格安SIMと、楽天モバイルです。

突き出たカメラと大容量バッテリー「AllCall / GT

次は丸型スマートウォッチ、AllCallの「GT」です。

こちらのスマートウォッチは、なんといっても画面の横に付いた2つのカメラ。

なんと正面のカメラでは顔認証にも対応しています。

最新のガジェット感が、心をくすぐられるデザインですね。

もう1つのポイントがバッテリーの容量。

スマートウォッチにしては大きめな1260mAhのバッテリーを搭載しています。

使い方によりますが、一般的な使い方なら2〜3日ほど充電が持つのはとても嬉しいポイント。

こちらも対応回線はドコモ回線の格安SIMと、楽天モバイル

状況に合わせてお好きな方を。

キッズケータイ代わりに!子供の位置も分かって安心「OAXIS / myFirst Fone R1

最後にご紹介するのは、子供向けのスマートウォッチ。

シンガポールの最先端を行くメーカー、OAXISの「myFirst Fone R1」という製品です。

こちらは「子供の見守り用スマートウォッチ」というコンセプト。

用途としてはキッズケータイと同じですね。

デザインもカッコいいので、子どもたちも喜んで着けてくれます。

機能として便利なのが、

  • 管理者用アプリを使うことで遠隔操作できる機能
  • 行ってはいけないエリアを設定でき、もし行った場合は管理者に通知できる機能

とても安心できる機能ですね。

ドコモ回線の格安SIMと、楽天モバイルで使うことができます。

まとめ

単体で使用できるスマートウォッチをいくつかご紹介しました。

本当に、スマートウォッチというより小さいスマホです

PayPayを使えるのが本当に便利ですよ笑

SIMの入手もお忘れなく↓↓


キャンペーンLP ※期間中限定

コメント

タイトルとURLをコピーしました