【軍用規格も】頑丈で壊れないスマートウォッチ最新5選!【安い】

スポンサーリンク
出典:TECH ADVISER

スマートウォッチ欲しいけど、壊れたって話も聞くなぁ。精密機器だし。

壊れにくい頑丈なスマートウォッチないかな。。

スマートウォッチって安い買い物ではないので、長く使えるものを買いたいですよね。(私が最初に買ったスマートウォッチは2ヶ月くらいで壊れてしまいました。。)

今回はとにかく頑丈で壊れにくいスマートウォッチに絞ってご紹介していきます。

きっとビビッとくる1台があるはず!

スポンサーリンク

頑丈で壊れにくいスマートウォッチのポイント

今回スマートウォッチを選定するにあたって、いくつかのポイントを意識しています。

順番にご説明していきますね。

アウトドア向け

1つ目は、アウトドア向けであることです。

アウトドアと一口に言ってもランニング等のスポーツから、登山・ダイビングといった過酷な状況のものまで色々ありますね。

今回は、できるだけ過酷な状況で使用出来るものをピックアップしています。
大は小を兼ねると言いますしね。

防水・防塵・耐衝撃性

上記のアウトドアと少しかぶるところがありますが、防水・防塵・耐衝撃性も重視しています。

私も持っていますが、世界中で一番人気のApple Watch
使っていて、まわりにぶつけてしまうことが結構あるんですよね。

外装に傷も付きますし、耐衝撃性については特に重視したいところです。

ミルスペック(軍用規格)

そして最後が、ミルスペック

あまり聞き慣れないですよね。

「ミル(Mil)」とは「ミリタリー(Military)」のこと。
つまり、軍用の規格ということです。聞くからに頑丈そうですよね。

このミルスペックを満たしたスマートウォッチは、厳しい試験をクリアしていることになります。

頑丈さを追い求めるのであればミルスペックかどうかも注意したいポイントですね。

では早速ご紹介していきます!

スポンサーリンク

HUAMI / AMAZFIT T-Rex

まず1つ目は、2021年時点で出荷台数世界4位のスマートウォッチ「AMAZFITシリーズ」。

AMAZFITの中でも頑丈さに突出したモデルがT-Rexシリーズです。
名前だけでも強そうですね。

このAMAZFIT T-Rexミルスペックのスマートウォッチで-40℃から70℃に耐えることができます。

防水は5気圧まで耐えることができ、申し分ありません。

スマートウォッチの欠点である電池持ちに関しても言うところなしで、2時間の充電で20日間連続使用することができます。

迷彩のデザインのモデルもあるのでお好きな方を!

スポンサーリンク

GARMIN / Instinct

2つ目はアウトドアウォッチの申し子、GARMIN(ガーミン)から。

GARMINは、スマートウォッチが流行り始める当初から様々なモデルのスマートウォッチを販売してきました。

昔から登山向けなどのGPS機器を開発していたメーカーなので、スマートウォッチでもGPS機能に関してはピカイチ

その中でもミルスペックで特に頑丈なのが、「Instinctシリーズ」です。

登山やランニング、水泳、筋トレなど、25種類のアクティビティ・スポーツの運動記録を計測する機能を搭載。
ログをしっかり取りたいならうってつけですね。

見た目のカッコよさに惹かれるユーザーも多く、現時点で9種類のカラーリングがラインナップされています。

なんと、エヴァンゲリオンとコラボしたモデルもあるんですよ。
本体のカラーリングだけでなく、画面表示もエヴァンゲリオン仕様になっています。ファンなら垂涎ものですね。

スポンサーリンク

カシオ / ジーショック G-SQUAD

国内大手時計メーカーの一つ、カシオ。

カシオといえばG-SHOCKですね。
タフネスな腕時計の代名詞でもあります。

そのG-SHOCKのスマートウォッチが「G-SQUADシリーズ」。
G-SHOCKブランドなだけあって、頑丈さはピカイチです。

ボディーは耐衝撃構造、20気圧耐水、「加速度・気圧・方位・高度・気温」各種センサー搭載で、ソーラー充電にも対応。

スペックは十分すぎるほど。

やっぱりG-SHOCKが好き国内メーカーが良いという方ならG-SQUAD一択です!

カラーリングも20種類以上と豊富にあるので、どれにするか迷ってしまいますね。。

スポンサーリンク

TicWatch / TicWatch Pro 3

続いては、ほぼスマホと言ってもいいくらいのスマートウォッチ。「TicWatch Pro 3」です。

どこがほぼスマホなのか。
TicWatch Pro 3には、世界初、Snapdragon Wear 4100 というCPUが搭載されています。

そしてメーカーが独自に開発しているシステムではなく「Wear OS by Google」というGoogleのOSが搭載されているので好きなアプリをインストールすることが出来ます

デザインはシンプルながら、切替え可能な2枚のディスプレイ最大45時間のバッテリー、前モデルに比べて28%の軽量化と、至れり尽くせりですね。

ゴツゴツしたものよりスマートなデザインがお好みであれば、オススメですよ。

TicWatch Pro 3 スマートウォッチ Wear OS by Google Snapdragon Wear 4100 二重層ディスプレイ 電話発着信/LINE通知 GPS内蔵 睡眠トラッキング IP68防水 iOS/Android対応 男性用 ブラック
ティックウォッチ(Ticwatch)
【これまでにない体験を、世界初のチップセットで】TicWatch Pro 3は最新のQualcomm Snapdragon Wear 4100を市場で初めて搭載するスマートウォッチです。1GBの大容量RAMと8GBのストレージ、最新のWear OS by Googleによってスムーズな動作を実現しました。
スポンサーリンク

SUUNTO(スント) / TRAVERSE(トラバース)

最後は、アウトドア向けの機能を搭載しながらもデザインにこだわり続けるメーカー。

SUUNTOのTRAVERSEシリーズ」です。

シンプルなのに洗練されたボディーのデザインは流石としか言いようがありません。

アウトドア向けの基本機能はしっかり揃っていて、「方位・高度・気圧・加速度」の各種センサーを搭載。もちろん軍用規格であるミルスペックを満たしています

手に持った銃の反動を感知して、射撃位置を自動で記録するというマニアックな機能まで搭載されていますよ。

バンドも、シンプルな黒から迷彩までいくつかあるので、ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

まとめ

5つのスマートウォッチをご紹介しました。それぞれコンセプトが異なっていて、どのスマートウォッチも魅力的ですよね。

ぜひ、お気に入りの一台を手にしてくださいね!

他にも「中国製以外」という条件で汎用的なスマートウォッチをまとめた記事を書いたので、ご興味があればぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました